UDの認知度

明日からユニバーサルデザインの講義を始めることになっているのだけれど、その前に受講する学生にユニバーサルデザインがどれだけ知られているかアンケートを取ってみた。

最近の大学はITが便利に使えていいね。教育用のグループウェアが用意されていてその中にアンケート機能を使えば告知からカウントまで全て自動でやってくれます。

夏休みの間に実施したため(大学は今週から始まったから:羨まし)、有効回答率は50%だが、なかなか興味深い回答が集まった。

まず、UDという言葉を知っているかという質問には、半数の学生が「聞いたことがある」、あるいは「知っている」と答えた。しかしこの講座がキッカケで知った学生もかなりの数がいる。CMで結構やっているからもう少し知名度は高いかと思ったんだけどねぇ。

次に身の回りで困った経験はあるか? という質問には、半数が「ない」と答えており若いってすばらしいと思ってしまった(^^; もっとも「ある」と答えた場合には具体例を書かせたので、面倒だったのかも・・・。ちょっとバイアスがかかってるかな。

最後に講義での要望を聞くと、情報系の学科なのでコンピューターやWebに関するものが多かったので、目的は達せられそうだ。他にも実技をやって欲しいというリクエストももらったのだが、予想外に参加者が多くてこちらは少し工夫しないとちょっと無理そうです。

コメントを残す