放浪的北京-2日目

本日は黄砂も止んで、素晴らしい天気です。

 市内から少し離れたところにある万里の長城を見たかったので、1day tourに参加してきました。このツアーでは万里の長城以外にも明十三陵という2つの世界遺産を巡ることが出来るお得なコースです。

 ますは翡翠の加工工場に立ち寄りあれこれ勧められます。ツアーならではですね(^^; それが済むと明十三陵へ。途中のバスの中でツアーガイドのジョニー(女)がいろいろ中国のことを話してくれます。携帯の異常な普及についても話してくれました。彼女の言によれば、学生や低所得の人は違法に偽造した(SIM)カードを使って電話をしているとのこと。そんな事があるんかいなと調べてみれば・・・、

中国当局が認可制と排除制で携帯電話メーカーの整理へ

 この記事によれば中国では「バッタ携帯」なるものが流行っているらしい。いわゆるバッタモノの事ですか? それにしても65社(2005年当時)も携帯メーカーがあるってのはものすごいことですね。これならば抜け駆けしてキャリアに対して違法行為が出来る端末を作ってしまうメーカーが出てしまうのかも。

 そんな事を考えながら明十三陵に到着。いやー、ただっぴろい。北京の中心街から来たのでいやに田舎に感じるが、これが本来の中国の田園風景なのだろう。移籍の周りは桃の果樹園だそうで、シーズンになればまさに桃源郷。

 明十三陵

 さくっと遺跡を見て、万里の長城へ。移動途中、乗り合わせたインド人ファミリーがあまりにうるさいので、ガイドのジョニー(女)が切れて、これはグループツアーでプライベートツアーとは違うのよとマイクで力説していました。更に長城に着くと、見学は自由だけど帰りの時間に集合しなかったらおいていきます。その時は、そこの公共バスで帰ってね。とかなり強気な発言をしておりました。その説明はもっともですが、接客業ですから・・・。

万里の長城 万里の長城2

 リフトで上った長城。正に中華的幻想です。だいたい私の中国に対するイメージや知識やらは主に漫画や小説から得られているので、この風景が一番中国らしいのですよ。いやはや、全く昔の人はすごいモノをつくったものだ。

 

コメントを残す