Inspiration 8

 講習会のエントリーでも書いたが、幾つか日本語化して欲しい海外製の製品がある。その一番が「Inspiration 8」だ。これはいわゆるアイデアプロセッサーと呼ばれるもので、日本ではビジネスシーンで発想支援に使われることが多いです。

 Ver6までが日本語対応され、スリース・カンパニーが代理店として国内で発売しています。いちおうWindowsXPで動くことが確認されていますが、MacではVer.9までの対応。価格も¥22,800 と比較的高価で気軽に購入できる値段ではありません。アメリカではシングルライセンスでも1万円しない値段で購入できるので、この差は大きいですね。

 ダメモトで開発元のInspiration社のサイトから体験版をダウンロードしてインストールしてみたところ、幾つかの設定変更で日本語の入力が出来るようになりました。詳しくはこちらのサイトが参考になります。参考サイトではVer.7を対象に記述していますが、Ver.8も同様の操作で日本語の操作が出来るようになりました。しかし残念ながら不具合もそのままです。Unicodeでプログラムを書いてくれればいいのに・・・。

 マウスカーソルをアイコンに重ねると内容を読み上げてくれる機能なども、スピーチエンジンを日本語対応のものに変更すれば動作しました。これは難読症の人などに特に便利な機能でしょうね。

 早く日本語に対応してくれることを願っています。

インスピレーションの画面

コメントを残す