NOKIA&ヘルシンキ工科大学訪問

本日は2件の訪問でエスポーまで移動です。

 1件目はフィンランドが誇るグローバルカンパニーの「NOKIA」です。私の名前ととても似ているので(アナグラム)妙な親近感があります(笑)

 本部に通されてお会いしたのはNOKIAの中で規制に関して調整する部署の担当者の方。この部署でアクセシビリティについても取り扱っているそうだ。まず、NOKIAのアクセシビリティ関する全体的な戦略について聞いた後、個別の質疑応答。彼らも日本市場について知りたいそうで意見交換が盛り上がる。

NOKIAのオフィス入り口

 午後に訪問したのはヘルシンキ工科大学です。NOKIAのオフィスからすぐ近くにあります。このあたりはシリコンバレーのように、フィンランドのIT産業に関する企業が集まった地域で、他にも工業試験場やインキュベーション施設などが整っているようです。

 工科大ではデザイン教育をしているラウレ教授とお会いし、ヘルシンキ工科大で行っている教育方法について伺いました。

 ここでの授業の最大の特徴は、モノ作りをする最初から異なる視点の3者を組み合わせてアイデアを考えることだそうです。その3者とは、デザイン、エンジニアリング、ビジネスの3つの領域を組み合わせてプランニングの実習を行うと、非常に効果が出るそうです。この辺は日本でも真似できるといいですね。

ヘルシンキ工科大学

コメントを残す