滞日外国人向け情報サイト

昨年から神奈川県に滞在する外国人向けの、携帯情報サイトの作成をしている。提供の目的は災害時の避難に関する情報だ。もちろん日常的に使用していないと、非常時に対応できないことから、平時には自治体からのお知らせを定期的な流すことにしている。

一時的に日本に滞在する彼らにとって、非常時にどこへ逃げればいいかという情報を入手するのは困難だ。そして、そのニーズは障害者と変わらないことを今回の調査で知ることが出来た。滞日外国人も障害者も情報を得るという行為に支障があるのことは一緒なのだ。

先月に出版した防災に関する書籍の調査結果を早速活かす機会を得たことに感謝すると共に、有効な情報を提供するサイト作成を更に追求したいと思う。

コメントを残す