【旅行】カンボジア&ベトナム-4日目

次の日も遺跡観光から開始。

昨日まわれなかった遺跡の反対側を巡る。下の右側の写真は有名なハリウッド映画の撮影にも使われたのだと、現地ガイドが教えてくれたのだが、どうやらタイトルを覚えていないらしい。でも確かアンジョリーナ・ジョリーが出演した「Tomb Raider」 じゃないかと言ったら、どうやら思い出したようだ。お礼に写真を撮ってくれたのでした。

仏様 アンジーの穴

午後からはアンコール遺跡の近くにある「アキラの地雷博物館」へ。実はこの博物館を作ったアキラさんの体験を元にして書かれたマンガ「密林少年」を事前に読んでいたので、ここには是非来たかった。 このマンガは本当にお勧めですよ。

博物館と言ってもただ無造作に地雷や不発弾が並べられているだけ。それでも、その不気味な形状から地雷の恐ろしさが伝わってくる。 人が住む場所の地雷除去は随分と進んだらしいけれど、いまだにタイ国境地帯にはたくさんの地雷が埋まっているそうだ。

地雷博物館 地雷博物館

地雷博物館に続いて、キリング・フィールドへ。カンボジアでは内戦の時に多くの人が殺されたのだが、その殺戮の場となったキリング・フィールドは国内に300以上あるそうだ。シェムリアップには、あまり多くはないのだそうだけれど、そこへ連れていってもらう。

キリング・フィールドに立つ寺院 お骨

周りに住宅が立ち並ぶ、結構キレイな場所に突然お寺が現れる。霊感なんて持っていないのだけど、その場の空気が変わるのが分かった。納骨堂を見ながら、本当にこの国は戦争をしていたんだと実感する。

神妙な気持ちのまま、また遺跡の側に戻る。それからバケン山に上って日没を鑑賞する予定。だが、この日は少し曇りでサンセットを拝むのは難しそう。早めに見切りを付けてホテルに戻る。

密林少年-Jungle Boy 1 (1)
密林少年-Jungle Boy 1 (1)

posted with amazlet on 07.05.07
深谷 陽
集英社 (2006/11/17)
売り上げランキング: 167587
おすすめ度の平均: 5.0

5 少年の目線で描かれた「戦争」
5 戦争しかない国で生きられますか?
5 子どもたちにこそ読ませるべきだ

密林少年-Jungle Boy 2 (2)
密林少年-Jungle Boy 2 (2)

posted with amazlet on 07.05.07
深谷 陽
集英社 (2007/03/19)
売り上げランキング: 83758
おすすめ度の平均: 5.0

5 いまだ残る地雷

コメントを残す