【記事】駅のバリアフリー、37%が基準不適合・国交省調査:NIKKEI NET(日経ネット)

駅のバリアフリー、37%が基準不適合・国交省調査

1日の乗降客数が平均5000人を超える全国の鉄道駅のうち37%がバリアフリー適合基準に達していないことが国土交通省の調べで分かった。

 交通バリアフリー法が出来たのは2000年なので、制定後7年経ってもまだ4割近くの駅が基準に達していないというのは残念ですね。基準に達している駅でも、まだまだ使い勝手がイイ駅というのは少ないので、今後も継続して改善していって欲しいです。

コメントを残す