二泊三日韓国の旅-1日目

 出発の準備をしていたら、徹夜してしまった。アメリカへ行くには昼夜逆転の状態は時差ボケを起こさなくていいのだけれど、時差のない韓国では辛いかもしれない。

 今回はバックパッカーなので、パソコンは置いていく。ネット先進国の韓国だからそこら中にネットカフェがあるはずだから問題ないだろう。そもそも今回は休みをとって行くのだ。でもしっかりPDAを鞄に忍び込ませているあたりが小心者だね。

 ソウルへは羽田→金浦の便を使って行くことにした。横浜の自宅から羽田までは近くて便利だね。まるで国内旅行の気分。でも国際便は少ないためか、空港の設備は正直しょぼい。早めに行って空港で朝食を食べようと思っていたけれど、簡単なものしか食べられない。空港で韓国語会話の入門書を購入。

 飛行機に乗ると、直ぐに眠気が襲ってきて寝る。気がつくと着陸のアナウンスが聞こえる。2時間ちょっとだけどぐっすり眠れた。

 韓国への入国審査はあっけないほど簡単に終了、5分で空港を出る。予想以上に早く到着したので、ホテルに行く前に市内観光を済ませることに。地下鉄に乗ろうと切符を買おうとしたが、小銭がないので近くのコンビニでお茶を買う。購入したお茶の名前は「17茶」。17種類の茶葉をブレンドした健康的なお茶だそうだ。何処かで見たようなコンセプトだ。 でもCMにチョン・ジヒョンが出ているので許可します。

 小銭が出来たので、券売機で切符を買おうとしたが、何故か買えない。ウロウロしてようやく窓口を見つけて切符を購入。ようやく地下鉄に乗って市内に移動。ソウルの地下鉄は二重扉になっていて安全性が確保されている。

 地下鉄ののり口

 地下鉄に乗って驚いたのは、みんなが携帯電話で喋っていること。ここでは、電車内の通話はマナー違反ではないらしい。それ以上に驚いたのは、地下鉄の中でも携帯電話が通じる事。地下でも切れずに通話が出来るなんてね。

 地下鉄を乗り継いで、まずは世界遺産の「昌徳宮」へ。見学は時間毎のツアーに参加しなければならない。韓国語・英語・中国語・日本語のツアーが用意されている。運良く14時半の日本語ツアーに参加出来た。日本語の上手な現地ガイドさんに案内されて宮内を散策。ここはNHKで放送されていた「チャングムの誓い」の撮影にも使われていたそうだ。

昌徳宮 昌徳宮の中の池

 1時間半ほどガイドの案内で昌徳宮を見学した後、次は市内へ再び地下鉄を乗り継いで南大門へ。 2月に燃えてしまった南大門は現在修復中で、周囲に柵が立てられている。下の写真は柵に描かれた南大門の壁画です。

修復中の南大門

 南大門の周囲は衣料品などが並ぶ巨大な市場になっている。なぜかホンジャマカの石塚さんの写真が。デブヤの取材にでも来たのだろうか?

南大門市場

 市場をぐるっと回ってから明洞のホテルへ。最初入り口が分からなくて困ったけれど、無事にチェックイン。疲れているので、夕食は近くの食堂でビビンバを食べる事にする。

ビビンバ

 ビビンバだけ頼んだつもりが、キムチやサラダなどたくさんの副菜が付いてくる。これが韓国流なのだそうだ。これで8,500ウォン。ビールを2本付けても格安だ。本場のキムチがおいしくて、これだけでお酒が進む。腹一杯食べてホテルに戻って今日はお休み。

コメントを残す