「児童労働」とソーシャル・マーケティング

 6月12日は、児童労働反対世界デー(World Day against Child Labour)なので、それを控えて児童労働に関する興味関心を持ってもらう目的で、とても興味深いキャンペーンが展開されています。

 6月1日の今日、みんなで一斉にmixiの日記に「児童労働」のキーワードを入れて、この事を広く知ってもらうキャンペーンです。皆さんも1つ書き込んでみませんか?

 途上国では、いまだ多くの子ども達が労働に就いています。単純に児童労働を禁止しても、その原因となる貧困の問題を解決しなければ根本的な解決は難しいでしょう。難しい問題ですが、まずは興味を持つことから始めませんか?

以下、イベントの趣旨をコピーしておきます。

■1.mixiで「児童労働」を注目ワードに!!

 いま、もっとも日本で登録者数が多い、
 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、「mixi」を利用して、
 『児童労働』の問題を知ってもらうキャンペーンにご協力をお願いします!!

 mixiには、他人に公開できる「日記」機能があり、
 その日、「日記」に書かれたキーワードの上位5位までが
 「日記ランキング」に表示されます。

 ランキングに表示されたキーワードは、さらに注目度高まり、
 翌日もランキング上位を占めることもしばしば。

 キーワードランキング上位に掲載されることにより
 多くの人に、児童労働を知ってもらうことができるというものです。

【参加方法】

 1.mixiの日記を「全体公開」に設定する。※重要です。ご確認ください。
 2.6月1日のAM0:00?PM:23:59までの間に
  「児童労働」というキーワードを必ず使って、日記を書く。
 3.マイミクシィの人に、このキャンペーンを呼びかけてみる。

 ランキング上位に掲載させるためには、少なくとも3000人は必要です。
 ぜひ、みなさまの「日記」を、一日だけお貸しください!!

 「児童労働」をキーワードに、どんなことを書いていいかわからない場合、
 「児童労働反対世界デーキャンペーン2008」のメインイベント告知や、
 「働く子どもに教育を」1万人署名のテキストを転載してみてください。

Youtubeより  Child Labour. Film by ILO.

1件のコメント

  1. 本店と支店という考え方

    先日ご紹介したひょうごんでのセミナーが終わりました。スライドを公開するというふうにはいかないと思うので、その中の1ページを抜粋してどんなことを話したのかを…

コメントを残す