【記事】ロータスが騒音発生装置を開発…エコカーは静かで危険

 電気自動車の静かさは、視覚障害者団体の間では以前から指摘されてきた問題だったが、ついに具体的対策を講じてきた企業が出てきましたね。

ロータスが騒音発生装置を開発…エコカーは静かで危険 | Response.
http://response.jp/issue/2008/0817/article112676_1.html

電気自動車やハイブリッドカーは環境に優しい車として期待されているが、視覚障害者に対しての問題がクローズアップされてきた。これらの車が低速で電気走行するときは、車外に音をほとんど発生しないため、視覚障害者は車の接近に気づかないリスクがある。

 そういえば、だいぶ昔に見たフジテレビの深夜番組で、このネタやっていたなぁ。「将来は電気自動車が普及して、エンジン音が発生しなくなるので、自動車メーカーは独自のエンジン音を収録した音源を販売するようになるだろう」という未来予測がありました。ホンダの音とかBMWの音とか、音源を入れ替えれば気分も変わるんじゃないでしょうか…。

コメントを残す