CSUN2012

2012年2月28日

今年度のCSUNは例年よりも開催時期が早くなり、なんと2月最終週。いつも三月中旬の開催なので、二週間もはやいことになる。成田発の全日空でSan Diegoへ出発。まずはLos Angelesへ。ほどほどの混み具合で、3列シートに二人で座ることができた。楽。無事にLAに到着すると、入管がとても混んでいて、全員のチェックが終わるまで2時間ほどかかる。簡単にお昼を済ませて、San Diego行きの便の出発を待っていると、ロビーでおもしろいデジタルサイネージを発見。

IMG_0132[1]

写真中央の格子状になっている部分がタッチパネルになっており、触ると神経衰弱に似たゲームをすることができるという、ちょっと変わった広告だ。こうしたインタラクションのある広告は、これからもっと広まるのは確実で、印刷物を中心に活躍していたグラフィックデザイナーもインタラクションを学ぶ必要性が高まっていくのだろう。

一通りゲームを遊び終えて、San Diego行きの便の出るゲートに移動すると、なんと出発便がキャンセルに。ツアーを担当してくれたJTBの添乗員さんが素早く交渉してくれたので助かったが、結局2時間待って次の便に乗ることになる。

飛行機が遅れたことでKey Noteセッションを聞き逃すことになってしまったが、なんとそのビデオがWebにアップされていたので、ここでフォローします。

到着すると、すっかり暗くなっておりお腹もすいていたので、ツアー参加者の皆さんとコンシェルジュが進めてくれた近くのイタリアンレストランに出かけることに。このレストランの内装が変わっていて、おもしろい。他のお客さんが座っていて写真が撮れなかったが、ローマ法王のマネキンが丸テーブルの中心に据え付けてあったのには、さすがにちょっと引きました。イタリアン・ジョークなのかしら?

IMG_0136[1]

2012年2月29日

今回はカンファレンスホテルから徒歩10分ほどにあるResidence Innに投宿。Gas Lampと呼ばれるSan Diegoのダウンタウンにあり、ホテルの周りには多くのレストランがあり、夕食のレストランを選ぶのに迷うくらい。ホテルの周りにはハンバーガーショップしかなかったLos Angelsの時代には考えられないくらいの贅沢な悩みだ。

Residence Innは朝食付きなので、さっとビュッフェを済ませたあと、参加者は7時半にロビーに集まって、徒歩10分のカンファレンス会場に移動する。
途中で、カンファレンスの創始者のハリー・マーフィーにばったり出くわす。社長が喜んでハグしていた。相変わらず元気そうでなにより。

初日は会議参加のためのレジストレーションがあり、例年だれかトラブルにあっていたので、全員で移動してまとめて登録することに。今年からカンファレンスの登録システムが変更になり、去年と違うので少し戸惑う。なんでも昨年までのシステムは、セッションの事前登録が必要で、参加者に不評だったそうだ。今年は登録の代わりに、参加希望をクリックすると、人気があるセッションの会場を変更するようにしたらしい。
大学生の学割登録をお手伝いする。事前に学割の登録をしておくとセッション参加費が半額になるが、うまく登録ができなかったそうなので、On Site Registrationに挑戦。受付で話すと、まずはとなりのPCでデータを入力しろと。その後、学生証を見せて無事に現金で会計することができた。

レジストレーションに時間をかけてしまったので少し遅れて、最初のセッションに参加。タイトルは「Yesterday Future」 アクセシビリティに関する3つのイノベーションの紹介ということだったが、最後のモバイルの紹介だけしか見ることができなかった。iPhoneを使ったコミュニケーションエイドのデモで、小学生くらいの女の子がすごい早さでiPhoneを操作しているビデオが印象的だった。(そのときに紹介されたビデオもWebにアップロードされています)

次のセッションは、「Analysis of Statistical Data for the Blind」に参加。アクセシブルなData Visualizationについて。具体例としてiPadで散布図を提示する方法をデモしながらの解説でわかりやすい。これまで視覚障害の人にグラフを説明するのは、図に代替テキストを付けるしかなかったが、iPadを使うと、グラフの指で触れた部分を読み上げてくれるので、音声でインタラクティブにグラフの意味を理解することができる。散布図の他にも、元素の周期表や地図などのデモもあり、今後の視覚障害者教育の可能性を感じることができた。

本日3本目「Web Accessibility Community Collaboration」。はじめにスピーカーから質問。W3Cにコラボまたはコメントした人が会場の半分くらい。CSUNに初めて参加、もしくはWebAccessibility初めての人が20%くらいというのを確認して開始。6人のパネルディスカッションで、W3Cの現状に関する解説。

午後からは「Intrduction to Windows8 」に参加。プラットフォームにはじめからアクセシビリティを組み込む。これによって、開発者の負担が軽くなるということが強調されていた。また標準装備のものだけでなく、追加のアクセシビリティ機能をApp Storeで見つけることができるそうだ。会場では実機のデモもあり、ここで動いているMetroUIを初めて見た。デモの音声読み上げの品質がすごくよい。日本語版にも、性能の良いTTSエンジンが最初から入っているといいのだが・・・。マイクロソフトは、これ以外にも多

コメントを残す