Limesurvey2.0でグラフのフォントを日本語化

Webアンケートに便利なオープンソースのLimesurveyがメジャーバージョンアップして2.0になりました。

早速試した見たところ、あちこち変わっているのでまずは初期設定でつまずきそうな所として日本語フォントのインストールについてご紹介します。

フォントは手持ちのものでもいいのですが、サーバーにアップすることを考えると、こちらもオープンなものを使いたいですね。他の方のLimesurveyに関する記事だとIPAフォントを使われている方が多いですので、それにならいます。

LimeSurveyのグラフを日本語対応させる方法 – ZeBeVogue別館

IPAフォントのダウンロード ここではゴシック(ipag.ttf)を使うことにしました。

このフォントを/limesurvey/fontにコピーします。

次に/limesurvey/application/config/config/config-defaults.php を開き、400行目付近にある

$config[‘chartfontfile’]=’auto’; を $config[‘chartfontfile’]=’ipag.ttf’; に書き換えます。

この1箇所だけでグラフの中に表示される日本語が文字化けせずに正しく表示されます。

コメントを残す