UWSCで汎用USB-IO2.0を利用する方法

JTAG board 4

Windowsで便利に使えるマクロ作成プログラムUWSCで、汎用USB-IO2.0を制御してみました。

UWSCはPCの操作を記録して、マクロとして再生することができるプログラムです。独自のコードを記述してより高度な操作を実現することも可能です。定時操作も設定できるので、毎日同じ時間にPCに対してマクロを実行することも可能です。

もしPCに接続した機器に信号を送ることができれば、簡単なホームオートメーションが可能になります。

UWSCはDLLを操作することも可能なので、今回はこの機能を使って汎用USB-IO2.0を操作してみることにしました。

汎用USB-IO2.0はKm2Netが開発したボードで、PCにUSBケーブルで接続してIOの制御ができます。

制御サンプルのページには、Excelから制御ができるDLLなども公開されています。今回は他のページになりますが、バケさん作のvbausbio.dllを使ってIOを制御してみましょう。

今回使ったのは秋月電子で購入したUSB接続デジタル入出力モジュール USB-IO2.0(AKI)を使います。

// USB-IO DLLの定義。まずUWSCでvbausbio.dllを使えるように初期設定をします。

DEF_DLL uio_find():int:vbausbio.dll //ディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化
DEF_DLL uio2_out({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll
DEF_DLL uio2_inp({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll

//出力ポートの配列を定義します。

DIM outPort[7]
uio2_out(outPort[0],outPort[1],outPort[2],outPort[3],outPort[4],outPort[5],outPort[6],outPort[7])

//入力ポートも同じように設定します。

DIM inpPort[7]
uio2_out(outPort[0],outPort[1],outPort[2],outPort[3],outPort[4],outPort[5],outPort[6],outPort[7])

//uio_find()を使ってディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化します。変数OpenDにはエラーコードが返ります。

OpenD = uio_find()

正常に接続できたら、最初に定義した配列inpPort[]やoutPort[]で制御したいポートのビットを制御すればOKです。

1件のコメント

コメントを残す