Ustreamのビデオを結合して再アップ

Ustream放送時にはトラブルがつきもので、番組を中継している間に、PCやサーバーのエラーで放送が中断してしまう場合がある。フロアーバレーの中継時にも試合が終わる前に、エラーが出てしまい、1試合を1つのファイルに納めることができない事があった。幸いにも、録画はしっかりと残っていたので、前半・後半の2つに分けて公開している。しかし1つの試合は1つのビデオにまとめて欲しいとのことなので、Ustreamビデオの結合について調べてみた。

1.動画の保存

まずはUstreamから保存された動画をダウンロード。これはダッシュボードから番組を選択すれば簡単にダウンロードできる。ビデオフォーマットはFLV。

2.FLVの結合

ダウンロードしたFLVファイルを結合して、1つのファイルにする。動画のクオリティをできるだけ下げたくないので、無変換で結合できるFLVmerge.exeでまとめてしまおう。

3.MetaDataの修正

ここではまったのだが、FLVmergeで結合したファイはMetaDataが壊れているので、再生時に正しい時間が表示されない。これを修正するために、FLVMDIを使ってMetaDataを修正する。

4.フォーマットの変換

次に、Ustream Producerで読み込めるフォーマットに変換。Ustream ProducerでFLVが直接読み込めないことに不満があるが、ここではMP4形式に直すことにする。

5.Ustream Producerで放送

Ustreamには動画ファイルを直接アップロードする事ができないので、Ustream Producerのビデオショットで、先ほど変換したファイルを使って放送を行い、それを録画して、アップロードの代用とする。多少手間がかかるが、Youtubeなど再生時間に制限があるのに比べ、Ustreamであれば、かなりの長時間のデータをアップロードできる。

このテクニックを使えば、中継時には低画質のデータで放送し、後から同録したデータを編集して、Ustreamにアップロードなんてこともできるだろうね。

フロアーバレー全国大会

6月30日から7月1日にかけて開催されたフロアーバレー全国大会で、試合のUst中継をしてきました。

IMG_0483IMG_0484

写真左:開会式の模様 写真右:試合中

IMG_0490IMG_0491

写真左:Ust中継現場で実況中継 写真右:試合中、ネット近く

IMG_0493IMG_0494

写真左:閉会式の模様 写真右:優勝チームの表彰

Ust中継結果は以下のように。埋め込んであるのは決勝戦ですが、その他の試合もアーカイブしてあるので、ぜひともご覧あれ。

Video streaming by Ustream

復興支援ITサポートボランティア

東北で復興支援ITサポートボランティアに行ってきました。ITサポートとは被災して仮設住宅に住む方々にネットワーク環境を整備して、ITのメリットを享受できるように支援する活動です。具体的には、ネットワークの設定やプリンタの接続のようなハードウェアまわりの整備から、友人知人に無事を知らせるための手紙を出すために、はがき印刷ソフトの使い方を解説したり、就職を目指してExcelの勉強会を開いたりしています。

震災後から月1ペースで開催されているボランティアツアーですが、わたしは2012年2月と4月のツアーに参加してきました。

2月活動分

小学校の校庭に積み上げられた瓦礫の山

ツアーは東京から深夜バスで出発。目が覚めると、窓からは瓦礫が取り除かれて、がらんとした何もない空き地が見えます。そこから集められた瓦礫は、何カ所かに集められて山になっていました。

 

 

2月は大船渡にある大立仮設住宅での活動に参加しました。

大立仮設住宅の入り口にある看板集会場の入り口にある黒板

集会場の入り口には、PC教室の看板が出ています。我々のやる気も盛り上がってきました!

お手伝いした内容は次のような内容

4月活動分

続けて4月の活動。今回のボランティアツアーでは、大槌町で活動。地震が起きてから1年たちましたが、海岸沿いの地域はまだ津波の爪痕がはっきりと残っていました。そんな中で、仮設店舗を運営するローソンは印象的でした。

高台からみた大槌沿岸部の写真

沿岸部の写真2仮設ローソン

今回は仮設住宅ではなく、大槌町北小地区仮設店舗(福幸きらり商店街)にある「きらり駅」でボランティアをしてきました。

きらり駅の入り口きらり商店街の裏にある北小の校舎

この仮設商店街は北小学校の校庭に設置されたものなので、商店街の裏には被災した小学校が建っています。中をのぞくと天井近くまで浸水した跡が見えました。

今回はITサポートを受けたい方に、きらり駅まで来ていただいてサポートを実施しました。

主な実施内容

  • Excel教室
  • Youtube動画をオフライン環境で見るためのセッティング
  • 年賀状ソフトの設定(筆ぐるめ&はがきデザインキット2012
  • プリンターの設定

エイサーの披露見学者も一緒にエイサーを踊る

訪問した日には、校庭でエイサーのイベントが開催されており、ITサポートの仕事は若干少なめ(^^;

復興居酒屋がんばっぺしの外観 海鮮盛り合わせ

ボランティアが終わり、バスで帰京する前に「大船渡屋台村」で腹ごしらえ。この日は「復興居酒屋がんばっぺし」に行ってきました。とにかく魚がおいしくて、満足です。

まとめ

たった2回ですが、被災地でのITサポートを通じて、多くの人から話を聞くことができました。みんながITのちからに期待を持っているけれど、まだまだそれを使いこなし切れていないというのが現状です。そのため情報収集/発信力が低い人は、支援を受けることができず、とても不利な状況になっていることもあります。

いくつもIT企業が支援のために、機器やネットワークを提供してくれましたが、それを使いこなせずにいる人も多いので、ITサポートのように人的サービスの提供というのも重要な活動で、継続していく必要があります。

また、ITサポートを通じて機器のアクセシビリティ/ユーザビリティが、まだまだ足りないことがよく分かりました。今回サポートさせて頂いた方々は、シニアに属する方が多く、その人たちが使いやすいITを提供する必要を再認識しました。

ネコの通り道

どうやら我が家の軒先は、ネコの通り道になっているようである。通りがかるのを見つけるたびに写真を撮っていたら、5匹も映っていた。まだ何匹か撮れていないのがいるので、近所に7から8匹のネコがいることになる。

ネコ1ネコ2ネコ3ネコ4ネコ5

この5枚の写真、全部違うネコなんですよ。2枚目と5枚目のネコはよく似ているけど、5枚目のネコの尻尾に囓られたような跡があるので、そこで見分けられます。

続きを読む →

【著作】特別支援教育実践テキスト[第2版]

NPO法人EDGEが実施している学習支援相談員の養成カリキュラムにそった、特別支援教育に関するテキストです。

以前に執筆した「能力を引き出し伸ばす支援」の改訂版にあたります。前の版では3分冊だったのを1冊にまとまっています。

私の担当執筆分は「第14章補助教材」で、ローテクからハイテクまで幅広く支援ツールを紹介しております。改訂にあたりいくつかのツールを最新版に書き換えることができましたので、より便利になっていると思います。また、新たにタブレットPCの情報も入っていますので、そちらも参考になると思います。

1章 港区のシステムとLSA講座の意義、その進め方・精神
2章 特別支援教育
3章 発達障害の理解とその対応
4章 早期発見の手立てー検査のねらいとそこから何を見取るかー
5章 LD疑似体験
6章 時代による環境の変化とコミュニケーションの取り方
7章 ソーシャルスキルトレーニングを効果的に行う
8章 医療面からの配慮
9章 教育の現場?就学前?
10章 教育の現場?小・中学校?
11章 教育の現場?都立高校?
12章 発達障害のある人の高等教育と就労
13章 教科の支援:困難の理解とその具体的支援策
14章 補助教材
15章 問題行動の理解と支援
16章 今後の展望・課題
17章 当事者の声
付録 さまざまな学習支援ツール