【著作】シニアよ、ITをもって地域にもどろう

定年を迎え、これから地域にもどろうとするシニアに向かって、現役時代に身に付けたITのスキルをリブートさせて、地域のコミュニティと結びつけるためのノウハウをまとめた本です。  私は4章の「動き出してみる、その準備をしよう」を執筆を担当しました。

シニアだけでなく、地域の情報化に取り組む方々にも読んでいただければと思います。

続きを読む →

ITがつくる全員参加社会

 昨日見本誌が届きました。毎年C&C財団さんのおかげで調査研究成果を出版させていただいております。今年の研究テーマは「e-Inclusion」。EUを中心に様々な人々のニーズを取り込んで社会を作っていこうという動きを調べてきました。書店に並ぶのはもう少し先になるかと思いますが、見かけたら手に取ってみてください。

全員参加社会表紙
ITがつくる全員参加社会

posted with amazlet on 07.12.19

エヌティティ出版 (2007/12/21)

続きを読む →

Webアクセシビリティ-標準準拠でアクセシブルなサイトを構築/管理するための考え方と実践

昨年から作業を開始した「Webアクセシビリティ」の翻訳が遂に終了し、この度出版されることになりました。分厚い本ですが、これだけWebアクセシビリティに関してまとまった本は他にありませんので、ぜひお手にとって見てください。

続きを読む →

ユーザビリティハンドブック

ユーザビリティ関係者必携の本です。第4部の用語解説で、4つほど解説を書かせていただきました。

  • ウェブ・アクセシビリティ
  • AAC
  • デジタルデバイド
  • ロールオーバー

執筆した量は少ないですが、著者の1人に加えていただいているので、著者割引で購入できます。少々値の張る本ですが、持っていて損はありませんので購入希望の方はご相談下さい。

みんなの命を救う―災害と情報アクセシビリティ

 昨年、アメリカまで出かけて取材したものをまとめた本が、無事に出版することが出来ました。共著者や編集者の皆さんにお礼申し上げます。

 随分前ですが、日本海沖で座礁したタンカーから流れた重油を回収しに福井まで出かけたことがあります。その現場ではボランティアや救援物資に関する情報をインターネットで発信していました。人手不足と言うことで、これまでネットに触れたことがなかった私も手伝ってせっせとWebページを作ったものです。この体験がキッカケでインターネットに興味を持つようになりました。この本を書くときにも、あの時の体験がとても役にたちましたよ。

みんなの命を救う―災害と情報アクセシビリティ
泉田 裕彦 市川 彰 小林 隆 榊原 直樹 関根 千佳 藤方 景子 遊間 和子 山田 肇 C&C振興財団
NTT出版