UWSCで汎用USB-IO2.0を利用する方法

JTAG board 4

Windowsで便利に使えるマクロ作成プログラムUWSCで、汎用USB-IO2.0を制御してみました。

UWSCはPCの操作を記録して、マクロとして再生することができるプログラムです。独自のコードを記述してより高度な操作を実現することも可能です。定時操作も設定できるので、毎日同じ時間にPCに対してマクロを実行することも可能です。

もしPCに接続した機器に信号を送ることができれば、簡単なホームオートメーションが可能になります。

UWSCはDLLを操作することも可能なので、今回はこの機能を使って汎用USB-IO2.0を操作してみることにしました。

汎用USB-IO2.0はKm2Netが開発したボードで、PCにUSBケーブルで接続してIOの制御ができます。

制御サンプルのページには、Excelから制御ができるDLLなども公開されています。今回は他のページになりますが、バケさん作のvbausbio.dllを使ってIOを制御してみましょう。

今回使ったのは秋月電子で購入したUSB接続デジタル入出力モジュール USB-IO2.0(AKI)を使います。

// USB-IO DLLの定義。まずUWSCでvbausbio.dllを使えるように初期設定をします。

DEF_DLL uio_find():int:vbausbio.dll //ディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化
DEF_DLL uio2_out({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll
DEF_DLL uio2_inp({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll

//出力ポートの配列を定義します。

DIM outPort[7]
uio2_out(outPort[0],outPort[1],outPort[2],outPort[3],outPort[4],outPort[5],outPort[6],outPort[7])

//入力ポートも同じように設定します。

DIM inpPort[7]
uio2_out(outPort[0],outPort[1],outPort[2],outPort[3],outPort[4],outPort[5],outPort[6],outPort[7])

//uio_find()を使ってディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化します。変数OpenDにはエラーコードが返ります。

OpenD = uio_find()

正常に接続できたら、最初に定義した配列inpPort[]やoutPort[]で制御したいポートのビットを制御すればOKです。

Limesurvey2.0でグラフのフォントを日本語化

Webアンケートに便利なオープンソースのLimesurveyがメジャーバージョンアップして2.0になりました。

早速試した見たところ、あちこち変わっているのでまずは初期設定でつまずきそうな所として日本語フォントのインストールについてご紹介します。

フォントは手持ちのものでもいいのですが、サーバーにアップすることを考えると、こちらもオープンなものを使いたいですね。他の方のLimesurveyに関する記事だとIPAフォントを使われている方が多いですので、それにならいます。

LimeSurveyのグラフを日本語対応させる方法 – ZeBeVogue別館

IPAフォントのダウンロード ここではゴシック(ipag.ttf)を使うことにしました。

このフォントを/limesurvey/fontにコピーします。

次に/limesurvey/application/config/config/config-defaults.php を開き、400行目付近にある

$config[‘chartfontfile’]=’auto’; を $config[‘chartfontfile’]=’ipag.ttf’; に書き換えます。

この1箇所だけでグラフの中に表示される日本語が文字化けせずに正しく表示されます。

Ustreamのビデオを結合して再アップ

Ustream放送時にはトラブルがつきもので、番組を中継している間に、PCやサーバーのエラーで放送が中断してしまう場合がある。フロアーバレーの中継時にも試合が終わる前に、エラーが出てしまい、1試合を1つのファイルに納めることができない事があった。幸いにも、録画はしっかりと残っていたので、前半・後半の2つに分けて公開している。しかし1つの試合は1つのビデオにまとめて欲しいとのことなので、Ustreamビデオの結合について調べてみた。

1.動画の保存

まずはUstreamから保存された動画をダウンロード。これはダッシュボードから番組を選択すれば簡単にダウンロードできる。ビデオフォーマットはFLV。

2.FLVの結合

ダウンロードしたFLVファイルを結合して、1つのファイルにする。動画のクオリティをできるだけ下げたくないので、無変換で結合できるFLVmerge.exeでまとめてしまおう。

3.MetaDataの修正

ここではまったのだが、FLVmergeで結合したファイはMetaDataが壊れているので、再生時に正しい時間が表示されない。これを修正するために、FLVMDIを使ってMetaDataを修正する。

4.フォーマットの変換

次に、Ustream Producerで読み込めるフォーマットに変換。Ustream ProducerでFLVが直接読み込めないことに不満があるが、ここではMP4形式に直すことにする。

5.Ustream Producerで放送

Ustreamには動画ファイルを直接アップロードする事ができないので、Ustream Producerのビデオショットで、先ほど変換したファイルを使って放送を行い、それを録画して、アップロードの代用とする。多少手間がかかるが、Youtubeなど再生時間に制限があるのに比べ、Ustreamであれば、かなりの長時間のデータをアップロードできる。

このテクニックを使えば、中継時には低画質のデータで放送し、後から同録したデータを編集して、Ustreamにアップロードなんてこともできるだろうね。

フロアーバレー全国大会

6月30日から7月1日にかけて開催されたフロアーバレー全国大会で、試合のUst中継をしてきました。

IMG_0483IMG_0484

写真左:開会式の模様 写真右:試合中

IMG_0490IMG_0491

写真左:Ust中継現場で実況中継 写真右:試合中、ネット近く

IMG_0493IMG_0494

写真左:閉会式の模様 写真右:優勝チームの表彰

Ust中継結果は以下のように。埋め込んであるのは決勝戦ですが、その他の試合もアーカイブしてあるので、ぜひともご覧あれ。

Video streaming by Ustream

復興支援ITサポートボランティア

東北で復興支援ITサポートボランティアに行ってきました。ITサポートとは被災して仮設住宅に住む方々にネットワーク環境を整備して、ITのメリットを享受できるように支援する活動です。具体的には、ネットワークの設定やプリンタの接続のようなハードウェアまわりの整備から、友人知人に無事を知らせるための手紙を出すために、はがき印刷ソフトの使い方を解説したり、就職を目指してExcelの勉強会を開いたりしています。

震災後から月1ペースで開催されているボランティアツアーですが、わたしは2012年2月と4月のツアーに参加してきました。

2月活動分

小学校の校庭に積み上げられた瓦礫の山

ツアーは東京から深夜バスで出発。目が覚めると、窓からは瓦礫が取り除かれて、がらんとした何もない空き地が見えます。そこから集められた瓦礫は、何カ所かに集められて山になっていました。

 

 

2月は大船渡にある大立仮設住宅での活動に参加しました。

大立仮設住宅の入り口にある看板集会場の入り口にある黒板

集会場の入り口には、PC教室の看板が出ています。我々のやる気も盛り上がってきました!

お手伝いした内容は次のような内容

4月活動分

続けて4月の活動。今回のボランティアツアーでは、大槌町で活動。地震が起きてから1年たちましたが、海岸沿いの地域はまだ津波の爪痕がはっきりと残っていました。そんな中で、仮設店舗を運営するローソンは印象的でした。

高台からみた大槌沿岸部の写真

沿岸部の写真2仮設ローソン

今回は仮設住宅ではなく、大槌町北小地区仮設店舗(福幸きらり商店街)にある「きらり駅」でボランティアをしてきました。

きらり駅の入り口きらり商店街の裏にある北小の校舎

この仮設商店街は北小学校の校庭に設置されたものなので、商店街の裏には被災した小学校が建っています。中をのぞくと天井近くまで浸水した跡が見えました。

今回はITサポートを受けたい方に、きらり駅まで来ていただいてサポートを実施しました。

主な実施内容

  • Excel教室
  • Youtube動画をオフライン環境で見るためのセッティング
  • 年賀状ソフトの設定(筆ぐるめ&はがきデザインキット2012
  • プリンターの設定

エイサーの披露見学者も一緒にエイサーを踊る

訪問した日には、校庭でエイサーのイベントが開催されており、ITサポートの仕事は若干少なめ(^^;

復興居酒屋がんばっぺしの外観 海鮮盛り合わせ

ボランティアが終わり、バスで帰京する前に「大船渡屋台村」で腹ごしらえ。この日は「復興居酒屋がんばっぺし」に行ってきました。とにかく魚がおいしくて、満足です。

まとめ

たった2回ですが、被災地でのITサポートを通じて、多くの人から話を聞くことができました。みんながITのちからに期待を持っているけれど、まだまだそれを使いこなし切れていないというのが現状です。そのため情報収集/発信力が低い人は、支援を受けることができず、とても不利な状況になっていることもあります。

いくつもIT企業が支援のために、機器やネットワークを提供してくれましたが、それを使いこなせずにいる人も多いので、ITサポートのように人的サービスの提供というのも重要な活動で、継続していく必要があります。

また、ITサポートを通じて機器のアクセシビリティ/ユーザビリティが、まだまだ足りないことがよく分かりました。今回サポートさせて頂いた方々は、シニアに属する方が多く、その人たちが使いやすいITを提供する必要を再認識しました。