コピー機の音声対応

ゼロックスやNECは以前から取り組んでいましたが、ここんところJIS X8341-5を意識しているのか、各社から音声に対応したコピー機が出ていますね。

http://panasonic.biz/ipoffice/workio/
http://www.ricoh.co.jp/release/by_field/copy/2005/0829.html
とか最近プレスリリースを出しています。

でも視覚障害者がコピー機を使うことはあるのでしょうか?
仕事上のことなので、詳しくは書けませんが以前、視覚障害者のコピー機利用について調査したことがあります。

それによると、特に晴眼者と一緒にデスクワークをしている人は、文章情報を共有するためにかなりコピーを利用されているそうです。自分で字を書くことが難しい視覚障害者にとって、プリンターで打ち出した資料をコピーして配布するというシチュエーションは大いにあります。

また弱視の方の場合、拡大コピーを利用する時に手元のスイッチが見えないと困るので、このような措置は有効でしょう。

リコーのコピー機に搭載された音声認識機能は、視覚障害の人だけでなく、コピー機に近づきにくい車いすを使っている人にも便利な機能ですよね。

コメントを残す