JIS X8341-4が公示に

10月20日付けで、日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針?情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス?第四部:電気通信機器」(JISX8341?4)として制定されました。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/051020_2.html

この規格がまだ業界標準だった頃から策定に参加していたので、無事にこの日を迎えられて本当に嬉しいです。

この規格はメーカーや専門家だけでなく、当事者である障害を持つ人も参加して策定したのが大きな特徴だと思います。また、プロセスを重視した点や手順書の作成などの新しいポイントも入っており、シリーズでは最も良い出来なのではないかと自負しています。

Webアクセシビリティの規格に比べれば参照する人の数は限られますが、規格に準拠した製品の恩恵を受ける人の数はWebに比べても多いでしょう。

コメントを残す