国際福祉機器展

 国際福祉機器展(HCR)を見学してきました。今回はアポイントの合間に行ったので時間が確保できずに全てのエリアを見ることはできなかったのが残念です。

HCR入り口の看板

 会場で見つけた補聴器ですが、軽度の方へ向けてデザインしたものだそうです。非常にコンパクトで、耳の後ろにかけるタイプなので目立たちません。しかもデザインが良いので、見られてもアクセサリーのようですね。

補聴器

 こちらは松下の試作品で、片麻痺の人のリハビリ訓練装置だそうだ。例えば右半身が麻痺した場合、健常な左手の腕の動きをトレースして右手を空気圧で動かすのだそうだ。モデルさんがサイバーな感じでよし。

松下のリハビリトレーニング

コメントを残す