UWSCで汎用USB-IO2.0を利用する方法

UWSCで汎用USB-IO2.0を利用する方法
Windowsで便利に使えるマクロ作成プログラムUWSCで、汎用USB-IO2.0を制御してみました。 UWSCはPCの操作を記録して、マクロとして再生することができるプログラムです。独自のコードを記述してより高度な操作を実現することも可能です。定時操作も設定できるので、毎日同じ時間にPCに対してマクロを実行することも可能です。 もしPCに接続した機器に信号を送ることができれば、簡単なホームオートメーションが可能になります。 UWSCはDLLを操作することも可能なので、今回はこの機能を使って汎用USB-IO2.0を操作してみることにしました。 汎用USB-IO2.0はKm2Netが開発したボードで、PCにUSBケーブルで接続してIOの制御ができます。 制御サンプルのページには、Excelから制御ができるDLLなども公開されています。今回は他のページになりますが、バケさん作のvbausbio.dllを使ってIOを制御してみましょう。 今回使ったのは秋月電子で購入したUSB接続デジタル入出力モジュール USB-IO2.0(AKI)を使います。 まずUWSCでvbausbio.dllを使えるように初期設定をします。 // USB-IO DLLの定義 DEF_DLL uio_find():int:vbausbio.dll //ディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化 DEF_DLL uio2_out({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll DEF_DLL uio2_inp({byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte,byte}):int:vbausbio.dll 次に出力ポートの配列を定義します。 DIM outPort uio2_out(outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort) 入力ポートも同じように設定します。 DIM inpPort uio2_out(outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort,outPort) uio_find()を使ってディバイスの中からUSB-IOを検索・初期化します。変数OpenDにはエラーコードが帰ります。 OpenD = uio_find() 正常に接続できたら、最初に定義した配列inpPortで制御したいポートのビットを制御すればOKです。

Limesurvey2.0でグラフのフォントを日本語化

Limesurvey2.0でグラフのフォントを日本語化
Webアンケートに便利なオープンソースのLimesurveyがメジャーバージョンアップして2.0になりました。 早速試した見たところ、あちこち変わっているのでまずは初期設定でつまずきそうな所として日本語フォントのインストールについてご紹介します。 フォントは手持ちのものでもいいのですが、サーバーにアップすることを考えると、こちらもオープンなものを使いたいですね。他の方のLimesurveyに関する記事だとIPAフォントを使われている方が多いですので、それにならいます。 LimeSurveyのグラフを日本語対応させる方法 - ZeBeVogue別館 IPAフォントのダウンロード ここではゴシック(ipag.ttf)を使うことにしました。 このフォントを/limesurvey/fontにコピーします。 次に/limesurvey/application/config/config/config-defaults.php を開き、400行目付近にある $config='auto'; を $config='ipag.ttf'; に書き換えます。 この1箇所だけでグラフの中に表示される日本語が文字化けせずに正しく表示されます。

HCDライブラリー第2巻 人間中心設計の海外事例

HCDライブラリー第2巻 人間中心設計の海外事例
HCDライブラリー第2巻「人間中心設計の海外事例」の出版 HCDライブラリー第2巻「人間中心設計の海外事例」の第11章を翻訳する機会をいただき、着手してから幾星霜を経て、この度出版に至りました。 原著はかなりの事例が掲載されていたのですが、その中から厳選した11項目を、初心者の方にも分かりやすく訳したので、薄いですが中身の濃い本になっています。 初心者の方はもちろん、プロの方で、これからお客様に人間中心設計のプロセスをご提案する際に参考書としてお勧めするのもよいでしょう。というのもこの本は「事例集」なので、これから進めるプロジェクトの中で人間中心設計をどのように取り入れていけばいいか、ストーリー仕立てでわかりやすく解説されているからです。あまり人間中心設計の手法に慣れていない方でも、これから何をするか、結果的に何が分かりどのような効果があるのかを知ることができます。 この説明に納得された方は、ぜひ自分用とお客様用と2冊ご購入ください。よろしくお願いいたします。 人間中心設計の海外事例 (HCDライブラリー)キャロル ライヒ ジャニス ジェームズ HCDライブラリー出版記念イベント 出版に合わせて2013年8月29日に記念イベントが開かれました。その際に自分の担当した章の概要を紹介する機会がありましたので、使ったスライドをアップしておきます。アニメーションを切っているので、一部見にくい箇所がありますが、それはお買い上げ頂くための作戦ですのであしからず。

プログラミングの基礎

プログラミングの基礎
2013年4月から大妻女子大学社会情報学部にて「プログラミングの基礎」という講義を担当することになりました。タイトルにプログラミングと入っていますが、HTMLとCSSの基礎を学び、一通りのWebページが作れるようにすることを目的にしています。前期に1コマの講義なので、短い時間でHTML/CSSを覚えてもらうために要点を絞って解説する予定です。またPC教室で講義できるので実習形式ですすめます。記録として、講義のシラバスを引用しておきますので、ご参考までに。授業のねらいインターネットは世界中の情報がつながった巨大な知のネットワークです。このネットワークに参加し情報発信するには、自分でWebページを作成するのが近道です。Webページを作るためには様々なスキルが必要ですが、この講義では最も基本となるHTMLとCSSの記述方法について解説します。 HTML(Hyper Text Markup Language)とはWebブラウザで表示する文書の構造を、コンピュータが理解しやすいようにタグ(目印)を付ける際のルールです。CSS(Cascading Style Sheet)はHTMLで作成された文書がブラウザで表示する際の見た目を調整します。この2つを組み合わせることによって、様々なWebページを作成することが可能になります。講義では実際にHTMLとCSSを書きながら実習を進めていく予定です。 また高齢者や障害のある人など誰もが使いやすいWebページを作るために、ユニバーサルデザイン(Universal Design)の考え方についても紹介します。授業内容とスケジュール第1回 イントロダクション授業の進め方や課題、基本的なソフトの利用方法について説明する第2回 WWWとHTML  WWWの仕組みとHTMLの基本構造について解説する 第3回 テキストの構造化(1)  論理的な文章の書き方と、それをタグによって構造化する方法について解説する 第4回 テキストの構造化(2)  構造化に用いるタグについて解説する 第5回 テキストの構造化(3)  リストと表について解説する 第6回 画像の表示  Webページに表示する画像の加工や取り扱いについて解説する 第7回 ハイパーリンク  ハイパーリンクの使用方法と、PDFや動画・音声などの使用方法について解説する 第8回 CSSの利用(1)  CSSの概要と使用方法について解説する 第9回 CSSの利用(2)  CSSによるテキストの修飾について解説する 第10回 色彩と配色  Webページで使用する色の選び方と、指定方法について解説する 第11回 レイアウト(1)  レイアウトの基本的な手法について解説する 第12回 レイアウト(2)  CSSによるレイアウトの概念について解説する 第13回 レイアウト(3)  CSSによるレイアウトの実装方法について解説する 第14回 Webサイトの公開  作成したHTMLファイルをサーバーにアップロードし、公開する 第15回 まとめと振り返り  授業内容の補足と、今後のインターネットの動向について解説する評価の方法及び基準 以下の項目を総合して評価する 出席:50%課題:50% (授業内容に関連したものを10回前後出題) 教科書・参考書  教科書の代りに、授業内容をまとめた資料を配布する。 課題等は電子ファイルで配布する。  参考書等は授業の際に、その都度紹介する。 その他(注意事項等)  授業はPCを使った実習で進めるので、以下のような基本的なPCの操作について予め理解しておくことが望ましい。  コピーや削除など、ファイルの操作方法 電子メールの送受信方法 Webブラウザの操作方法

Ustreamのビデオを結合して再アップ

Ustream放送時にはトラブルがつきもので、番組を中継している間に、PCやサーバーのエラーで放送が中断してしまう場合がある。フロアーバレーの中継時にも試合が終わる前に、エラーが出てしまい、1試合を1つのファイルに納めることができない事があった。幸いにも、録画はしっかりと残っていたので、前半・後半の2つに分けて公開している。しかし1つの試合は1つのビデオにまとめて欲しいとのことなので、Ustreamビデオの結合について調べてみた。 1.動画の保存 まずはUstreamから保存された動画をダウンロード。これはダッシュボードから番組を選択すれば簡単にダウンロードできる。ビデオフォーマットはFLV。 2.FLVの結合 ダウンロードしたFLVファイルを結合して、1つのファイルにする。動画のクオリティをできるだけ下げたくないので、無変換で結合できるFLVmerge.exeでまとめてしまおう。 3.MetaDataの修正 ここではまったのだが、FLVmergeで結合したファイはMetaDataが壊れているので、再生時に正しい時間が表示されない。これを修正するために、FLVMDIを使ってMetaDataを修正する。 4.フォーマットの変換 次に、Ustream Producerで読み込めるフォーマットに変換。Ustream ProducerでFLVが直接読み込めないことに不満があるが、ここではMP4形式に直すことにする。 5.Ustream Producerで放送 Ustreamには動画ファイルを直接アップロードする事ができないので、Ustream Producerのビデオショットで、先ほど変換したファイルを使って放送を行い、それを録画して、アップロードの代用とする。多少手間がかかるが、Youtubeなど再生時間に制限があるのに比べ、Ustreamであれば、かなりの長時間のデータをアップロードできる。 このテクニックを使えば、中継時には低画質のデータで放送し、後から同録したデータを編集して、Ustreamにアップロードなんてこともできるだろうね。
1 2 82